合宿免許は長野の自動車学校 MAXドライビングスクール千曲  スポーツジムやスーパー銭湯が使い放題 女性専用岩盤浴もあります。 セキュリティ万全の専用宿舎に宿泊 テニスやフットサルもできちゃう!

取得できる免許

  • HOME »
  • 取得できる免許

取得できる免許

at3mt4

junchugata3chugata3

daitoku3

普通免許

運転できる車

普通自動車免許を取得すると、普通自動車(AT限定免許ではAT車に限る) ・小型特殊自動車・原動機付自転車を運転することができます。

入校条件<普通免許>

年齢 満18歳以上
※修了検定時までに満18歳になっていること。
視力 両眼で0.7以上、片眼それぞれ0.3以上の視力があること。
(メガネ・コンタクトレンズ可。但しカレーコンタクトレンズや色付き眼鏡は不可)
※眼鏡・コンタクトレンズを使用しても片眼0.3以上に満たない場合は、他眼の視力が0.7以上で視野が150度以上であること。
※角膜矯正レンズをご利用の方はお申込み時にお申し出ください。(眼鏡等の条件に該当しますので、眼鏡のご用意をお願いします)
聴力 日常会話が聞き取れること。
※聴力に障がいをお持ちの方は、運転免許センターの適性相談をお受けください。
色別 赤、黄、青が識別できること。
身体 ※下記に該当する方は、ご入校前に住所地の運転免許センターで適性相談をお受けください。適性相談を受けていない方はご入校をお断りする場合がございます。
・別紙の「お願い用紙」の事項について、ひとつでも「はい」に該当する方
・身長・体重等、安全な運転に支障を及ぼす恐れがあるとご心配な方
・身体に障がいのある方や少しでも不安のある方(補聴器を使用している、腕・足に装具を着装している等)
※身体に刺青、タトゥーのある方・アルコール等の中毒者・妊娠中の方はご入校できません。ご入校後に発覚した場合は、教習の途中でもただちに退校していただきます。
学力 日本語(漢字・ひらがな・カタナカ)の読み書き・会話ができ、交通関係法令が理解できること。
運転経歴 ・過去に無免許運転、免許失効、免許取消などの運転経歴のある方は必ず事前にお申し出ください。
☆過去に免許の停止や重大な事故・交通違反がある方は、卒業されても免許の拒否・保留になる場合がございます。違反歴を偽ってのご入校により、免許の拒否等が生じた場合、当校は一切責任を負いかねます。詳しくは運転免許センターにお問合せください。
・欠格期間が終了していない方はご入校できません。また、免許取消で取消処分者講習を必要とする方は必ずご入校前に受講し、取消処分者講習修了証明書をご提出ください。
その他 ・外国籍の方は、入校時に国籍などが記載された住民票と本人確認のための健康保険証・パスポート・住民基本台帳のいずれかと在留カードまたは特別永住証明書が必要です。また、在留期間を確認し入校をお断りする場合があります。
・原付等免許証をお持ちの方は、必ず「暗証番号」を確認してください。「暗証番号」不明の場合、仮免許証交付等ができない場合がございます。

教習時限数

■普通MT

所持免許 技能教習 学科教習
第1段階 第2段階 合計 第1段階 第2段階 合計
なし・原付・小特 15時限 19時限 34時限 10時限 16時限 26時限
自動二輪 13時限 19時限 32時限 2時限 2時限

■普通AT

所持免許 技能教習 学科教習
第1段階 第2段階 合計 第1段階 第2段階 合計
なし・原付・小特 12時限 19時限 31時限 10時限 16時限 26時限
自動二輪 10時限 19時限 29時限 2時限 2時限

運転できる車両の種類

大型自動車・大型特殊自動車・大型自動二輪車および普通 自動二輪車・小型特殊自動車以外の自動車で、次の条件のすべてに該当する自動車
・車両総重量 → 3.5トン未満のもの
・最大積載量 → 2トン未満のもの
・乗車定員 → 10人以下のもの・ミニカー(エンジンの総排気量が50cc以下、または定格出力が0.60kw以下の普通自動車)

準中型免許

運転できる車

準中型免許を取得すると、準中型自動車・普通自動車・小型特殊自動車・原動機付自転車を運転することができます。

入校条件<準中型免許>

年齢 満18歳以上
※修了検定時までに満18歳になっていること。
視力 両眼で0.8以上・片眼0.5以上・深視力2.0mの距離で平均誤差2cm以内
(メガネ・コンタクトレンズ可。但しカレーコンタクトレンズや色付き眼鏡は不可)
※眼鏡・コンタクトレンズを使用しても片眼0.3以上に満たない場合は、他眼の視力が0.7以上で視野が150度以上であること。
※角膜矯正レンズをご利用の方はお申込み時にお申し出ください。(眼鏡等の条件に該当しますので、眼鏡のご用意をお願いします)
聴力 日常会話が聞き取れること。
※聴力に障がいをお持ちの方は、運転免許センターの適性相談をお受けください。
色別 赤、黄、青が識別できること。
身体 ※下記に該当する方は、ご入校前に住所地の運転免許センターで適性相談をお受けください。適性相談を受けていない方はご入校をお断りする場合がございます。
・別紙の「お願い用紙」の事項について、ひとつでも「はい」に該当する方
・身長・体重等、安全な運転に支障を及ぼす恐れがあるとご心配な方
・身体に障がいのある方や少しでも不安のある方(補聴器を使用している、腕・足に装具を着装している等)
※身体に刺青、タトゥーのある方・アルコール等の中毒者・妊娠中の方はご入校できません。ご入校後に発覚した場合は、教習の途中でもただちに退校していただきます。
学力 日本語(漢字・ひらがな・カタナカ)の読み書き・会話ができ、交通関係法令が理解できること。
運転経歴 ・過去に無免許運転、免許失効、免許取消などの運転経歴のある方は必ず事前にお申し出ください。
☆過去に免許の停止や重大な事故・交通違反がある方は、卒業されても免許の拒否・保留になる場合がございます。違反歴を偽ってのご入校により、免許の拒否等が生じた場合、当校は一切責任を負いかねます。詳しくは運転免許センターにお問合せください。
・欠格期間が終了していない方はご入校できません。また、免許取消で取消処分者講習を必要とする方は必ずご入校前に受講し、取消処分者講習修了証明書をご提出ください。
その他 ・外国籍の方は、入校時に国籍などが記載された住民票と本人確認のための健康保険証・パスポート・住民基本台帳のいずれかと在留カードまたは特別永住証明書が必要です。また、在留期間を確認し入校をお断りする場合があります。
・原付等免許証をお持ちの方は、必ず「暗証番号」を確認してください。「暗証番号」不明の場合、仮免許証交付等ができない場合がございます。

教習時限数

■準中型

所持免許 技能教習 学科教習
第1段階 第2段階 合計 第1段階 第2段階 合計
なし・原付 18時限 23時限 41時限 10時限 16時限 26時限
自動二輪 16時限 23時限 39時限 3時限 3時限

運転できる車両の種類

大型自動車・大型特殊自動車・大型自動二輪車および普通 自動二輪車以外の自動車で、次の条件のすべてに該当する自動車
・車両総重量 → 7.5トン未満のもの
・最大積載量 → 4.5トン未満のもの
・乗車定員 → 10人以下

中型免許

運転できる車

中型自動車免許を取得すると、中型自動車(総重量8t限定免許では総重量8t限定車に限る)・普通自動車・小型特殊自動車・原動機付自転車を運転することができます。

入校条件<中型免許>

年齢 満20歳以上
※普通免許または大特免許を取得し、2年以上の運転経歴があること(免許停止期間中は運転経歴に含まれません)
視力 両眼で0.8以上、片眼それぞれ0.5以上の視力があること。
(メガネ・コンタクトレンズ可。但しカレーコンタクトレンズや色付き眼鏡は不可)
深視力検査で誤差2センチ以内であること。
※角膜矯正レンズをご利用の方はお申込み時にお申し出ください。(眼鏡等の条件に該当しますので、眼鏡のご用意をお願いします)
聴力 日常会話が聞き取れること。
※聴力に障がいをお持ちの方は、運転免許センターの適性相談をお受けください。
色別 赤、黄、青が識別できること。
身体 ※下記に該当する方は、ご入校前に住所地の運転免許センターで適性相談をお受けください。適性相談を受けていない方はご入校をお断りする場合がございます。
・別紙の「お願い用紙」の事項について、ひとつでも「はい」に該当する方
・身長・体重等、安全な運転に支障を及ぼす恐れがあるとご心配な方
・身体に障がいのある方や少しでも不安のある方(補聴器を使用している、腕・足に装具を着装している等)
※身体に刺青、タトゥーのある方・アルコール等の中毒者・妊娠中の方はご入校できません。ご入校後に発覚した場合は、教習の途中でもただちに退校していただきます。
学力 日本語(漢字・ひらがな・カタナカ)の読み書き・会話ができ、交通関係法令が理解できること。
運転経歴 ・過去に無免許運転、免許失効、免許取消などの運転経歴のある方は必ず事前にお申し出ください。
☆過去に免許の停止や重大な事故・交通違反がある方は、卒業されても免許の拒否・保留になる場合がございます。違反歴を偽ってのご入校により、免許の拒否等が生じた場合、当校は一切責任を負いかねます。詳しくは運転免許センターにお問合せください。
・欠格期間が終了していない方はご入校できません。また、免許取消で取消処分者講習を必要とする方は必ずご入校前に受講し、取消処分者講習修了証明書をご提出ください。
その他 ・外国籍の方は、入校時に国籍などが記載された住民票と本人確認のための健康保険証・パスポート・住民基本台帳のいずれかと在留カードまたは特別永住証明書が必要です。また、在留期間を確認し入校をお断りする場合があります。
・お持ちの免許証の「暗証番号」を確認してください。「暗証番号」不明の場合、仮免許証交付等ができない場合がございます。

教習時限数<中型免許>

所持免許 技能教習 学科教習
第1段階 第2段階 合計 第1段階 第2段階 合計
普通車MT 7時限 8時限 15時限 1時限 1時限 1時限
普通車AT 11時限 8時限 19時限 1時限 1時限
中型8t限定 5時限(限定解除審査) 5時限
中型8t限定AT 9時限(限定解除審査) 9時限

運転できる車両の種類

大型自動車・大型特殊自動車・大型自動二輪車および普通自動二輪車・小型特殊自動車以外の自動車で、次の条件のすべてに該当する自動車
・車両総重量 → 11トン未満(限定免許は8トン未満)のもの
・最大積載量 → 6.5トン未満(限定免許は5トン未満)のもの
・乗車定員 → 11人以上29人以下(限定免許は10人以下)のもの

大型特殊免許

運転できる車

大型特殊免許を取得すると、大型特殊車・小型特殊自動車・原動機付自転車を運転することができます。

入校条件<大型特殊免許>

年齢 満18歳以上
視力 両眼で0.7以上、片眼それぞれ0.3以上の視力があること。
(メガネ・コンタクトレンズ可。但しカレーコンタクトレンズや色付き眼鏡は不可)
※眼鏡・コンタクトレンズを使用しても片眼0.3以上に満たない場合は、他眼の視力が0.7以上で視野が150度以上であること。
※角膜矯正レンズをご利用の方はお申込み時にお申し出ください。(眼鏡等の条件に該当しますので、眼鏡のご用意をお願いします)
聴力 日常会話が聞き取れること。
※聴力に障がいをお持ちの方は、運転免許センターの適性相談をお受けください。
色別 赤、黄、青が識別できること。
身体 ※下記に該当する方は、ご入校前に住所地の運転免許センターで適性相談をお受けください。適性相談を受けていない方はご入校をお断りする場合がございます。
・別紙の「お願い用紙」の事項について、ひとつでも「はい」に該当する方
・身長・体重等、安全な運転に支障を及ぼす恐れがあるとご心配な方
・身体に障がいのある方や少しでも不安のある方(補聴器を使用している、腕・足に装具を着装している等)
※身体に刺青、タトゥーのある方・アルコール等の中毒者・妊娠中の方はご入校できません。ご入校後に発覚した場合は、教習の途中でもただちに退校していただきます。
学力 日本語(漢字・ひらがな・カタナカ)の読み書き・会話ができ、交通関係法令が理解できること。
運転経歴 ・過去に無免許運転、免許失効、免許取消などの運転経歴のある方は必ず事前にお申し出ください。
☆過去に免許の停止や重大な事故・交通違反がある方は、卒業されても免許の拒否・保留になる場合がございます。違反歴を偽ってのご入校により、免許の拒否等が生じた場合、当校は一切責任を負いかねます。詳しくは運転免許センターにお問合せください。
・欠格期間が終了していない方はご入校できません。また、免許取消で取消処分者講習を必要とする方は必ずご入校前に受講し、取消処分者講習修了証明書をご提出ください。
その他 ・外国籍の方は、入校時に国籍などが記載された住民票と本人確認のための健康保険証・パスポート・住民基本台帳のいずれかと在留カードまたは特別永住証明書が必要です。また、在留期間を確認し入校をお断りする場合があります。
・原付等免許証をお持ちの方は、必ず「暗証番号」を確認してください。「暗証番号」不明の場合、仮免許証交付等ができない場合がございます。

教習時限数<大型特殊自動車>

所持免許 技能教習 学科教習
第1段階 第2段階 合計 第1段階 第2段階 合計
なし・原付・小特 6時限 6時限 12時限 10時限 12時限 22時限
普通車 3時限 3時限 6時限

運転できる車両の種類

カタピラ(キャタピラ)式や装輪式などの特殊な構造で特殊な作業に使用する自動車です。エンジンの総排気量や最高速度、車体の大きさが小型特殊自動車に該当しない自動車。

【小型特殊自動車の条件】
・エンジンの総排気量が1,500cc以下のもの
・最高速度が15km/h以下のもの
・長さ4.70m以下、幅1.70m以下、高さ2.00m以下のもの
※上記条件がひとつでも超える場合、大型特殊免許が必要です。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
お電話 お申込み お問合せ 資料請求 TOPへ戻る